2018.03.19

「ニューミュンヘン」と「デザイン」

カテゴリー Blog

 

東の銀座ライオン、西のニューミュンヘン。
そう称される老舗のファサードデザインをさせて頂きました。

場所は大阪梅田・曽根崎お初天神通り。ニューミュンヘン発祥の地です。
すぐ近くには、惜しまれつつも今年1月に約60年の歴史に幕を下ろした本店がありました。

幅広い層から愛され続ける西のビアホール代表。
コアなファンがたくさんいらっしゃいます。
場所的にも、工事中はそんな方々から色々とお声がけを頂きました。

今回ほどデザインとは何なのかと感じた事はありません。

世の中にはデザインしなくて良い空間がたくさんあります。
変えてはならない空間があります。

時を経た美しさに勝る模倣は存在しません。

しかし、建築(空間)はいつしか必ず寿命を迎えます。
そのような物件の設計依頼を頂いた時に、どうデザインすれば良いのか・・・

今回はファサードデザインだけでしたが、少し答えを導き出せたと感じています。

“モノを大切にする心。より良いモノに進化させる挑戦。”

答え合わせは、いつかその全てをデザインする時にさせてください。

 

西山 徹 / Tohru NISHIYAMA



2017.11.17

ON THE UMAMI 新宿マルイ本館店

カテゴリー Works

otu_shinjuku
otu_shinjuku
otu_shinjukun
otu_shinjuku
竣工
2017 November
用途
Shop
所在地
東京都新宿区新宿3-30-13 新宿マルイ本館 5F
工事種別
内装工事
施主
フタバ
設計
西山 徹デザイン事務所 / 西山 徹
Graphic
Bone
施工
バラック
撮影
繁田諭 写真事務所 / 繁田 諭

続きを読む



2017.05.18

Kaneta Shoten Singapore

カテゴリー Works

kaneta
kaneta
kaneta
kaneta
竣工
2017 May
用途
Restaurant
所在地
133 New Bridge Rd, B1-44/45, Chinatown Point, Singapore
工事種別
内装工事
施主
Otoko Food
設計
西山 徹デザイン事務所 / 西山 徹

続きを読む



2017.04.28

LARDINI 東京店

カテゴリー Works

lardini
lardini
lardini
lardini
lardini
lardini
lardini
lardini
竣工
2017 April
用途
Shop
所在地
東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内2丁目ビル1F
工事種別
内装工事
施主
リデア カンパニーリミテッド
設計
辻村久信デザイン事務所+moonbalance
  
西山 徹デザイン事務所 / 西山 徹
施工
バラック
撮影
繁田諭 写真事務所 / 繁田 諭

続きを読む



2017.04.24

昭和が見ていたレトロ・モダン

カテゴリー Blog


シンガポールで飲食店のデザインをしています。

「昭和レトロをコンセプトにデザインしてほしい。」
クライアントからの要望です。

昔の雰囲気をデザインする事は本当に難しい。
形や見た目は再現出来ても、一番大切なコトが表現出来ないと思うのです。

アミューズメントパークを想像して頂ければわかりやすいと思いますが、
娯楽施設としては成り立っても、本物の食を提供する空間としては、
きっとクライアントが想像するものとは違ってくると思います。

一般的に想像される「昭和レトロ」をデザインし、パースや模型にしてプレゼンテーションすれば
おそらくOKはもらえるでしょう。
しかし、竣工したら「何か違う」と感じてしまうと思います。

僕はこういった依頼の場合、極力イミテーションを排除します。
模倣ではなく、抽象化したデザインにするか、本物のアンティークを使います。

白と黒、木と金物、男と女。
相反するモノは使い方さえ間違わなければ、とても美しいモノを生み出します。

ただ、立地は外国です。
もっとわかりやすいデザインの方が良いのではないか?
プレゼンテーションの前に自分の中で葛藤がありました。

でも、僕はこの空間で働く「ヤツ」の事を良く知っています。

僕らは昭和生まれですが、「あの頃」を感じながら生きてきた訳ではありません。
でも、今よりずっと自由だったし、たいていの事は許されていたと感じます。

その頃の活気や、今とらわれすぎている常識を、軽く超えてくれる男だと思っています。
そんなヤツが表現する「昭和レトロ」は、異国であっても模倣であるべきじゃない。

「昭和が見ていたレトロ・モダン」

あの頃の人が見ていた、そして、その想像を超えた空間が出来るのを楽しみにしています。

 

西山 徹 / Tohru NISHIYAMA



« 戻る次へ »